PCでも使い易く人気のあるFX業者からiphone用のトレードツールが出揃いました

FXでは24時間トレードのチャンスがあります。しかし、24時間PCの前でチャートに張り付いている訳にもいきません。何かと出先で情報チェックしたり、チャンスがあればトレードしたいという希望を持つ方が沢山おられる中、既存の携帯アプリケーションでは心もとない。。。

そんな方に朗報です。人気のFX口座からPC感覚でトレードできるiphone用アプリケーションが出揃いました。まだこれらの口座をお持ちでない方は今すぐチェックしてください。

iphoneアプリケーションが携帯アプリケーションより有利な点は?

何度通信してもパケット代を気にすることがない。(iphoneは必ず使い放題プランになる為)
タッチパネル操作により視覚的に操作でき、トレードスピードがアップします。
ニュース等の情報が入るのも早く、使える機能が満載されている。

FX(外貨投資含む)の失敗するリスクって何?

citiやHSBSを始め、日本国内でも2000年あたりから折からの不況によって多くの日本人が金融知識を活かして外貨預金や外国株を個人でも持ち始めていきました。

日本国内でも、FXの投資が盛んになってきたのもこの頃です。国外の通貨の金利が高く長期的なスワップ運用をやっていた投資家も数多く存在しました。小泉政権と竹中平蔵氏との旗ふりで、自分も金融界者に入っていた事がありまして、多くの海外の金融知識を学ぶ事となりました。

ですが、そこでFXの投資で失敗するような個人投資家も少なくありませんでした。今でこそ外貨預金は普通のポートフォリオとなっていますが、一般人にはあまり概念が分かった所で実際に運用に励んでいる人が少なかったのです。日本はまだいつぞや復活するとか淡い期待と中国の台頭論が跋扈していて、これからの日本はどうなるかという、まだ確固とした先行きを提示できる人がいなくて迷走していたのです。

早いうちから外貨預金や外国株に投資して逃げ切っていた人の中には多くの富裕層となっていったのです。外貨預金はそうそう儲かるものではないのですが、逃避マネーやリスクヘッジで上手く運用していくのがベストです。リスクを回避する方法をうまく考えることでFXで失敗する可能性をできる限り低くすることができます。

また、投資先を分散することでリスクを回避することができます。外貨預金だけでなく、CFDで評判のあるIGマーケッツ証券のような取引業者を使えば、数多くの投資をすることができます。

今ではHSBC以外にもDBSのような海外の銀行口座で、例えばシンガポールで財を運用する人も多く見かけます。とにかく早く人より行動を起こしてやっておいていいのでした。

長い間使い続けられるクレジットカード

クレジットカードを利用し始めて20年以上になりますが、年々使用する金額が増えています。ちゃんと数えたことはありませんが、作ったクレジットカードは20枚以上になると思います。何か必要性が合って作ったカードで最初のうちは結構頻繁に使っていたものがだんだん使わなくなって解約したものも数多くあります。長く使い続けられるクレジットカードはどのようなカードか、私の経験上で考えてみました。

今使っている5枚ほどのカードですが、すべてに共通しているのは年会費無料ということです。これはもし使わなかったとしても年会費を取られるなどのデメリットがないということです。以前一度、全然使っていなかったんクレジットカードの年会費を何年も払っていたことがありました。銀行引き落としなどで気がつかなかったということなのです。

そして、次に重要なのはやはりポイントがたまりやすいということでしょう。ポイントがすべてではありませんが、ポイント還元率が高いと少なくとも持っていて損はないと考えるからです。次にすべての手持ちのクレジットカードではありませんが、ネットショッピングで使いやすいカードということがあります。

近頃はネットショッピングの頻度がかなり多くなってきているのでそれが影響しているのでしょう。私にとってはこういう条件を満たすカードが長く使い続けられるクレジットカードと言えるのです。また、クレジットカードの即日発行ができるかどうかは、各社によって異なるので注意がいるでしょう。

資産運用はリスクを取れるか取れないかで決まります。

現状ではある程度の資産を持っている人にとっては資産運用はかなり難しい状況にあると言えるでしょう。

バブル経済がはじける以前では資産運用など考えずに銀行か郵便局にでも定期預金や定額預金をしていれば知らないうちに資産はかなり増えていくという時代でありました。しかし簡単には断じることはできませんが今の日本の状況では銀行や郵便局に資産を預けていたところでほとんど増えては行かないという状況がしばらくかまたは中長期に続きそうな感じであります。

この現状においては銀行や郵便局の預金以外には安全資産はないと言っていいかもしれません。日本国債も預金の次には安全度が高いとも言えるでしょうが、世界経済と日本経済の状況によってはそう簡単に安全だとも言えないかもしれません。

まして、株式などの投資と呼ばれる評判のいいDMM FXで資産運用は誰がどう理屈をつけようがギャンブル的な要素が以前にまして強くなってきていると言わざるをえません。よくリスク分散ということが言われますが、それはギャンブル的な資産運用でこそ意味があり、リスクを取らない人は預金や国債のみの資産運用をすべきでしょう。

しかし、運用すべき資産が少ない人はやはりリスクを取って資産運用することも考えなければなりません。将来設計が現在保有している資産でめどがついている人はリスクを取らなくていいので将来に不安のある人は少ないままでリスクを取らずに行くかリスクを取って資産を増やしにかかるか決めなければなりません。

FXとはどのような歴史をもった取引ですか?

日本では一般的な投資手法となっている「FX」ですが、「FX」には他の少子商品にはないメリットがあります。

まず、ひとつめのメリットとしてはGMOクリック証券なら24時間取引ができるという点でしょう。
「FX」は世界中の通貨が投資対象となるので、時差の関係上24時間世界のどこかで取引が行われており、インターネット環境があればいつでもオンライン取引ができるというメリットがあります。

ふたつめは小額から投資が可能という点でしょう。
「FX」は、業者のサービス取り扱い状況にもよりますが、最低で1万円程度からの取引が可能であり、投資初心者の方でも、比較的簡単に取引が開始できるというメリットがあります。

みっつめのメリットは元手よりも大きな投資がかのうということでしょう。
「FX」の取引では一定額の証拠金を業者に預託することで、元手よりも大きな投資を行うことが可能です。
これを「レバレッジ」といいます。
「レバレッジ」は最大で400倍程度かけれる業者もありますが、その分リスクも大きくなりますので注意が必要です。

「FX」は初心者の方でもGMOクリック証券なら比較的簡単に始められる取引ですが、ある程度のリスクを負うこととなりますので、投資の際は慎重に行う必要があるでしょう。