FX(外貨投資含む)の失敗するリスクって何?

citiやHSBSを始め、日本国内でも2000年あたりから折からの不況によって多くの日本人が金融知識を活かして外貨預金や外国株を個人でも持ち始めていきました。

日本国内でも、FXの投資が盛んになってきたのもこの頃です。国外の通貨の金利が高く長期的なスワップ運用をやっていた投資家も数多く存在しました。小泉政権と竹中平蔵氏との旗ふりで、自分も金融界者に入っていた事がありまして、多くの海外の金融知識を学ぶ事となりました。

ですが、そこでFXの投資で失敗するような個人投資家も少なくありませんでした。今でこそ外貨預金は普通のポートフォリオとなっていますが、一般人にはあまり概念が分かった所で実際に運用に励んでいる人が少なかったのです。日本はまだいつぞや復活するとか淡い期待と中国の台頭論が跋扈していて、これからの日本はどうなるかという、まだ確固とした先行きを提示できる人がいなくて迷走していたのです。

早いうちから外貨預金や外国株に投資して逃げ切っていた人の中には多くの富裕層となっていったのです。外貨預金はそうそう儲かるものではないのですが、逃避マネーやリスクヘッジで上手く運用していくのがベストです。リスクを回避する方法をうまく考えることでFXで失敗する可能性をできる限り低くすることができます。

また、投資先を分散することでリスクを回避することができます。外貨預金だけでなく、CFDで評判のあるIGマーケッツ証券のような取引業者を使えば、数多くの投資をすることができます。

今ではHSBC以外にもDBSのような海外の銀行口座で、例えばシンガポールで財を運用する人も多く見かけます。とにかく早く人より行動を起こしてやっておいていいのでした。