資産運用はリスクを取れるか取れないかで決まります。

現状ではある程度の資産を持っている人にとっては資産運用はかなり難しい状況にあると言えるでしょう。

バブル経済がはじける以前では資産運用など考えずに銀行か郵便局にでも定期預金や定額預金をしていれば知らないうちに資産はかなり増えていくという時代でありました。しかし簡単には断じることはできませんが今の日本の状況では銀行や郵便局に資産を預けていたところでほとんど増えては行かないという状況がしばらくかまたは中長期に続きそうな感じであります。

この現状においては銀行や郵便局の預金以外には安全資産はないと言っていいかもしれません。日本国債も預金の次には安全度が高いとも言えるでしょうが、世界経済と日本経済の状況によってはそう簡単に安全だとも言えないかもしれません。

まして、株式などの投資と呼ばれる評判のいいDMM FXで資産運用は誰がどう理屈をつけようがギャンブル的な要素が以前にまして強くなってきていると言わざるをえません。よくリスク分散ということが言われますが、それはギャンブル的な資産運用でこそ意味があり、リスクを取らない人は預金や国債のみの資産運用をすべきでしょう。

しかし、運用すべき資産が少ない人はやはりリスクを取って資産運用することも考えなければなりません。将来設計が現在保有している資産でめどがついている人はリスクを取らなくていいので将来に不安のある人は少ないままでリスクを取らずに行くかリスクを取って資産を増やしにかかるか決めなければなりません。